価格が気になるなら下取りはおススメではない


一頃までは乗り換えのため自動車を売るといえば新車を購入するディーラーへ下取りに出すのが普通でした。

でも今では高価買取を謳った買取専門店が全国各地に展開して業績を伸ばしており、ディーラー下取りは一般的な方法と言えなくなりました。

注目 下取りのメリット

ディーラー下取りのメリットは、ほかの方法に比べて最も手続きが簡単に済むことです。

新車を購入してくれる顧客ですから、ディーラーの担当者は当然ながら下取りについても親身になってくれます。

下取りの段取りもきちんとしてくれるでしょうし、不明な点があれば親切に教えてくれます。

下取りの査定額は買取店に比べて低くなるという傾向がありますが、値段よりも「面倒なことは省きたい」という事情であればディーラーに下取りをしてもらうのが良いということになります。

また、新車が納車されるまでの間、自分の車を心おきなく使用できるのも下取りの場合のメリットです。

買取店の場合は査定の有効期限が短いことから代車を使用することが多くなりがちです。

ディーラー下取りなら新車が来る日まで愛車を従来どおり使うことができます。


注目 下取りのデメリット

下取りの一番のデメリットは査定額が買取店に比べて低くなることが多いことです。

ネットで口コミなどを調べてみればわかりますが、買取店に比べて下取りの査定額が低いのは定評になっているといってよいでしょう。

新車の専門店であり下取りでしか自動車を扱わないディーラーに対して、大量の自動車を売買する買取専門店は薄利多売によって高額買取を実現しています。

この査定額の違いはビジネススタイルの違いから来るものであり、ディーラーが頑張っても埋められるものではありません。

「少しでも高く売りたい」と値段にこだわるのであれば、下取りは避けた方が良いということになります。

実際にどれほど査定額の差が出るのか、ネットに紹介されている実例を引用してみましょう。


※トヨタヴィッツ(Vits)4WD 5ドア(走行距離44,000Km)の査定額の例

  <買取専門店>         <ディーラー下取り>

  A店  32万円       日産系    G店  18万円

  B店  31万円       トヨタ系   H店  17万円

  C店  30万円       ホンダ系   K店  15万円


注目 下取りの注意点

新車買取の交渉において、ディーラーは新車の値引額と下取り価格をセットにして条件を出して来ます。

「値引きは限界だから、その分下取り額を○万円上乗せしましょう」というのは新車購入体験談等でよく目にするせりふです。

下取り価格が高くなっても、新車の値引き額が相場より小さくなっていたという話は良くあることです。

ディーラーは値引き額と下取り価格とのトータルの調整でできるだけ新車を高く売ろうとしているわけです。

下取り価格が高くなったということだけで喜んでは居られないということです。


自動車売却の値段にこだわるなら、やはり一括査定で複数の買取店の査定を比べて売却先を決めるのがベストです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


自動車を高く売るよりも、ともかく手続きの手間を減らしたいという人もいないことはないでしょうが、通常は多少手間がかかっても高い価格で売りたいと思うのが普通でしょう。

自動車の売却代金を次の車の購入費に充てるのならなおさらです。

自動車を少しでも高く売りたいなら次のポイントは欠かせません。

・ディーラーの下取りには出さないこと

・出来るだけ多くの買取店に査定額の競争をしてもらうこと

つまり、高額の買取を得意にしている買取専門店を売却先に選んで買取店どうしを査定額で競わせるのがベストの方法です。

自動車の取扱量が買取専門店より圧倒的に少ないディーラーは、薄利多売などのスケールメリットにおいてはじめから買取専門店に対抗することは難しいのです。

このような業態の違いを知らずに下取りに出せば、ほぼ確実に損をすることになるでしょう。


買取店は、車を買い取れなければ商売になりません。

一括査定(無料)を利用すれば、買取店の方から訪問査定をし競争で査定額を提示します。

買取専門店が全国各地に増え、買取店が多数参加する一括査定も普及し、自動車の高額売却が簡単に行えるようになりました。

一活査定という便利なツールを活用して、自動車の高額売却を狙ってみましょう。


このページの先頭へ