" 修理費のかかる傷・へこみは修理しない

傷・へこみに修理費をかけても回収できない


自動車の査定で、傷・ヘコミが減点対象になるのは確かですが、ただしそれも状態によります。

自動車の査定基準においては爪を立てて引っかからないようなうっすらとした傷は減点対象にならないとされています。

少し離れて見ればわからないような程度の傷などであれば、使用年数に応じた経年変化の範囲内ということで気にする必要はないでしょう。

でも、業者でなければ修理できないボディーのへこみなどがある場合、事前に修理した方が大幅減点避けられるのではないか?と考えてしまうものです。


注目 修理しても費用をカバーできる査定アップは望めない

ボディーのへこみとなれば自分で直すのは大変で、修理業者に依頼することになり数万円の修理費がかかってしまうでしょう。

しかし、買取店の査定ではへこみや大きい傷があってもオーナーがかける修理費用よりも査定減になることはめったにありません。

つまり、修理工場で修理しても、その修理費に見合うプラス査定は望めないということです。

買取専門店は自社工場や提携工場などで傷やへこみなどを一般のオーナーよりもはるかに安い費用で修理することができます。

知り合いの工場などで格安で修理できれば話は別ですが、通常は修理工場に出すような修理は行わないで査定を受けた方が結果的にはお得だということになります。


注目 自分でできるなら修復したほうが良い

ホームセンターやカー用品店にはボディーの傷を修復するグッズがたくさん並んでいます。

へこみは無理だとしても少しぐらいの傷であればこうしたグッズを利用して、自分で補修したことのある方も多いのではないでしょうか。

ひっかきキズやこすった跡など自分でコンパウンドで磨けば修復できてしまう程度の小さなキズであれば、磨いて消してしまえばいいでしょう。

少し時間をかけてやるだけでマイナス査定になるかもしれない「弱み」を無くすことができます。

ただし、ある程度腕に覚えがない方でないとこれもお勧めできません。

下手な修復で新しいキズをつけてしまったり、ボディカラーにムラができたりすれば逆効果になってしまいます。


注目 普段のメンテナンスのつもりで修復

ほんの小さい傷であれば普段のメンテナンスのように市販のタッチペンやコンパウンドなどで自分で補修することができます。

飛び石などによる小さい塗装の剥げ落ちなどの手当は、サビを防ぐためにも普段からやっておくべきことかもしれません。

ボディーのメンテナンス用品も進歩しており、洗車キズのような細かいキズなら洗車してコーティングするだけで目立たなくしてしまう優れものもあります。

また塗装面の表層だけの浅いキズなら傷の直角方向こすってやるだけで傷が目立たなくなる補修グッズまでカー用品店で売っています。

車を大事にしている方にとっては普段のメンテナンスの範囲内のことでしょうが、洗車と同様、自分でできることはやった方が第一印象を良くすることになるでしょう。


一括査定サービスはたくさんありますが、
「入力が簡単」「利用実績が多く安心」などでおすすめのサービスは次の3つです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○買取店の修理費用が安く済むのはなぜ?

車買取店は修理を要する傷・へこみがあっても通常より安く修復できるため、一般オーナーが修理する時の修理代ほどのマイナス査定にはなりません。

修理のための自社工場を持っている買取店であれば、確かに安く修復できることは誰でも容易に想像がつきます。

でも、自社工場を持たず外注で修理をしている買取店が多いのも確かであり、そのような買取店の場合はどうやって修理費を安くあげているのでしょうか。

調べてみると意外に常識的なことで、「1品買い」と「大量買い」では全く単価が違うということでした。

例えば、品物を仕入れるときに、大量に仕入れるのと、ひとつだけ仕入れるのでは、もちろん大量に仕入れる方がはるかに単価が安くなり、更に継続的にその品物を仕入れてくれるとなれば、更に単価が安くなります。

自動車の修理の場合も理屈は全く同じで、一般オーナーの依頼する修理は一度きりですが、車買取業者は毎月まとまった数の修理を依頼しそれが継続するから修理単価がはるかに安くなるのです。

こうして見ると、査定前に一般オーナーの手で修理費をかけない方が良いということが、別の角度から納得できてしまいます。


このページの先頭へ