" 「査定をしてもらうだけ」でも遠慮はいらない

一括査定の複数利用で本当の価格競争が始まる


■査定だけしてもらのうは気が引ける?

自動車の査定をしてもらう場合、査定してもらったお店に絶対に売らなければいけないと考える必要はないのですが、せっかく査定してもらったんだから何となく断りにくいと感じるのは日本人なら誰もが持っているメンタリティーでしょう。

特に出張経費のかかる訪問査定の場合など、いくら無料とはいっても査定だけしてもらって「売らない」ということをなかなか言い出せないような優しい人もいることでしょう。

でも、少なくとも車売却の査定ではそのような遠慮や優しさは内にしまっておきましょう。

一括査定に参加している買取業車は、もとより査定をするだけで買取できるとは考えていません。

はじめから「査定をしてもらうだけ」の利用者が一定割合でいることを想定しているでしょうし、すぐに売るつもりのオーナーからでさえ、査定額で負ければ買取できません。

つまり一括査定サービスは、車の価格を知りたいだけの利用者も大勢いるということであり、すぐに売る予定がないからといって査定を遠慮することは全くありません。


■買取できないのは業者の責任?

自動車買取店は車を買い取りできて初めて商売になるのですから、車を査定しただけでは一銭のお金にもなりません。

オーナーが売ってくれなければ訪問査定などすべての行動は無駄となります。

でも、そのことでオーナー側が引け目を感じる必要はまったくないのです。

買取できなかったのは誰が悪いのか?それは査定した業者に他なりません。

顧客の満足できる査定額を提示できなかったのが買取できなかった原因の全てです。

査定額で他社に負ければ、それは自社の努力不足、力不足ゆえであることを買取業車は十分わかっています。

何しろ競争を前提にして一括査定に参加しているのですから。

気が引けるからと言ってOKを出してしまえば、損をするのはあなただけです。

査定を受けた車を売れないからといって、気が引ける必要はまったくありません。


このページの先頭へ