" ボディーカラーで査定額が違う

二大人気ボディーカラーは白と黒


新車購入でもボディーカラーは、どうしようか悩んだり、これでなくてはとこだわったりする車の重要ポイントです。

自動車の査定でもボディカラーは査定額に大きく影響する要素になります。

同じ車種でもカラーが違えば与えるインパクトも大きく異なるため、買取業者も売れやすい人気カラーの車を高額査定によって優先的に買い取っています。

注目 根強い人気の白と黒がプラス査定される

人気のボディーカラーの自動車は売れやすいため、車の査定ではプラス査定されやすくなります。

一般的にどの車種でもプラス査定されやすいと言われているのが白と黒です。

欧米などからは理解されにくいようですが、国内では白が時代の流行に左右されず飽きの来ないボディーカラーとして根強い人気を持っています。

車の場合白の塗装が一番強度があることも人気に貢献しているのかも知れません。

一口に「白」といっても色あいの異なる様々な種類がありますが、白系統であれば人気色であると思ってよいでしょう。

中でも「パールホワイト」と呼ばれる真珠の輝きに似たホワイトカラーは人気が高いようです。

一方黒は、磨き上げれば独特なツヤと輝きがで重厚感が漂うことから若年層を中心に人気があります。

このように白と黒は二大人気色になっていますが、どんな車種でも「白・黒」であればプラス査定になるとは限りません。


注目 白と黒なら必ずプラス査定されるわけではない

白、黒がプラス査定されやすい二大人気カラーであることはほぼ間違いの無いところですが、かといって白・黒であればどの車種でも必ずプラス査定されるわけではありません。

カラーバリエーションが豊富な車種やスポーティーな車種など、車種によっては白、黒以外のボディーカラーの方に人気がある場合もあります。

また、新車発表時のイメージカラーが白系だとそのカラーがたくさん売れて新鮮味がなくなり、自動車の価値が下がってしまうこともあるようです。


注目 車種特有の人気カラーがある

白、黒以外でもプラス査定のチャンスがない訳ではありません。

他の種種ではプラス査定にならないボディーカラーが、特定の車種ではプラス査定になるということがあります。

例えばフェラーリのアイデンティティカラーは赤というのは有名ですが、このようにメーカーが推すボディーカラーの車が査定では高評価になるという場合もあリます。

車種ごとの人気色についてはインターネットや車情報誌で情報を集めることができますので、査定の前に確認しておくのが良いでしょう。


注目 人気色なら必ずアピール

愛車が査定アップの可能性がある人気色だったら、「私はこのカラーが人気色だと知っていますよ」ということをさりげなくアピールしましょう。

査定マンに人気色であることを知らないと思われて、無視されてしまうのを防ぐためです。

また逆に不人気色だからといってボディーカラーだけで減額査定される心配は少ないので、自分の方からわざわざ不人気色であることに触れるのは避けましょう。

査定マンに「オーナーも不人気色と知っている」と思われることは決して得策ではありません。


一括査定サービスはたくさんありますが、
「入力が簡単」「利用実績が多く安心」などでおすすめのサービスは次の3つです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


某大手車買取店が2010年8月~2011年7月に買取した自動車のボディーカラーは、多い順に次のようになっているそうです。

第1位 ホワイト

第2位 シルバー

第3位 ブラック

第4位 ブルー

第5位 グリーン

白とシルバーはいずれも約3割の構成比で僅差で並んでいるようです。

第3位の黒は、車の年式が新しくなるほど増加しているそうです。

一頃トヨタの「白いクラウン」のイメージ戦略で白い車の割合が約70パーセントにもなった時期がありましたが、日本以外の国では大体「白はオバケのイメージがある」ということであまり人気がないようです。

ですから白い車の輸出は不調ではないのかと思いきや、世の中は広いもので、白い車は未完成の車とみなされて税金が大幅に安くなる国があるというのです。

それは南米のペルーで、白い日本自動車の天国だというわけで輸出業者も大喜びだそうです。


このページの先頭へ