" 査定に必要な書類が見つからない

書類を紛失しても再発行をしてもらえる


注目 査定を受けるときの必要書類

査定を受けるときに必要な書類は次の二つです。

・自動車検査証(車検証)

車検に通った際に交付される証書。公道を走る際は必ず携帯していなければならない。

ほとんどの場合ダッシュボード内に保管されているでしょう。

・自賠責保険証書

車検時に加入する自賠責保険の加入証明書。
車検が残っている車を売る時の名義変更手続きに必要。

通常は車検証と一緒にダッシュボードに保管されているでしょう。


査定や売却に必要な書類を紛失した場合は、事前に手続きをして再発行を受ける必要があります。

中でも車検証の不携帯は、道路運送車両法により50万円以下の罰金が課されることになりますので十分注意しなければなりません。


注目 車検証の再発行手続き

車検証を紛失した場合は、管轄の運輸支局(車のナンバーを交付した運輸支局)で再交付の手続きを行います。

再発行の手続きに必要なものは次のとおりです。

・使用者の委任状 … 使用者の押印があるもの。使用者本人が申請する時は不要。
・車検証 … 汚損したものが残っている場合に持参。
・理由書 … 使用者の認印の押印があるもの。
・申請者の身分証明書 … 免許証、保険証等
・認印

運輸支局で「手数料納付書」、「申請書」の用紙を入手し、必要事項を記入して窓口へ申請します。

費用は、手数料、用紙代で合わせて400~500円程度です。

軽自動車の場合、車検証の発行は軽自動車検査協会でしてもらうことになります。


注目 自賠責保険証書の再発行手続き

自賠責保険証書が見つからない場合は、自賠責保険加入の保険会社を確認し、その保険会社で再発行の手続きを行います。

自賠責保険は車検の時に加入することが多いので、前回の車検を受けた整備工場などで調べてもらえば、保険会社と証明書の番号が分かるはずです。

保険会社が確認できたら、どこの支店でもいいですからその保険会社の窓口に出かけて再発行の手続きを行います。

再発行の手続きに必要なものは身分証明と印鑑で、費用は無料です。

注目 自動車税納税証明書の再発行

自動車税納税証明書は査定の時には無くても大丈夫ですが、車を売却する段階で必要になります。

またこれがなければ所有権解除や車検も受けることができなくなります。

自動車税は都道府県に納入する税金ですので、納税証明書の再発行は都道府県の税事務所(○○県税事務所など)で手続きを行います。

車検証と印鑑を持って都道府県の税事務所に出向き、再発行を申請します。

所管する税事務所の場所がわからない時は、都道府県庁に問い合わせると教えてもらえます。


一括査定サービスはたくさんありますが、
「入力が簡単」「利用実績が多く安心」などでおすすめのサービスは次の3つです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○車検証が盗まれる?

車検証は盗難に遭うこともあるようです。

グローブボックスの中など普段目に付かないところに車載しているため、いつ盗難にあったかわかりにくいですね。

盗難の目的は、同じ車種の盗難車に盗んだ車検証の車体番号を打ち込んで盗難車を使えるようにするためということのようです。

また、盗難車を正規車両のように名義変更して転売することもあるそうです。

再発行はできるものの、自分で気づかないうちに違反状態になっていることのないよう、とtきどき確認した方が良いようですね。


中には盗難を嫌って、車検証のコピーを車載していいる方もおられるようです。

この場合は警察のチェックを受ければれっきとした違反になってしまいます。

車検証を盗まれただけでは勝手に名義を変えられる心配はないでしょうから、やはり車検証コピーの車載はよした方がいいようです。


このページの先頭へ