" ローンが残っていても売れるのか?

ローンが残っている車でも売ることができる


注目 「車の所有者名が誰か」がポイント

ローンが残っている車を査定・売却しようとする場合、まずは車検証の「所有者の氏名または名称」の欄を確認してください。

この所有者名があなたの氏名になっていれば、車の売却は自由にできます。ただし、ローンの対象の車がなくなりますので一括返済が必要になります。

所有者名が信販会社などになっている場合は、ローン完済まで車があなたの名義にならないタイプのローンを組んでいるということです。

このような車を売却するには、ローンの残額を一括返済して信販会社等の所有権を解除しなければなりません。

車の売却代金で一括返済ができればOKですが、売却代金では足りない場合は、差額の現金を用意する、あるいはその差額をローンに上乗せするなどの対応が必要になります。


注目 まずはできるだけ高額査定を目指そう

最近ではローンが残っている車でも売ることのできる買取店が増えています。

でも売る車の査定額がローン残高に足りない場合、差額の現金が必要になるなどハードルが高くなります。

そこで、まずは一括査定を利用してできるだけ高額査定を引き出すよう努力しましょう。

ローン残高を上回る査定額が付けば、車買取店は買取金額からローンの残額を一括返済してくれます。

あなたは車の買取金額からローン返済額を差し引いた差額を受け取ることになります。

これがローン残の車を最も円滑に売ることのできるケースです。


注目 現金で査定額不足をカバーする

査定額がローン残高に届かない場合は、その差額を現金で用意し、査定額+現金でローン残額を一括返済することになります。

担保のため所有権が留保されローン会社の所有になっている車なので、ローンを完済して所有権をあなたに移し、売却できるようにするわけです。

差額の現金が少なくてすむよう、各社の査定額比較で高額査定を目指しましょう。


注目 新しいローンで今のローンを解除

差額の現金が用意できない場合は、ローン残債を返すための新しいローンを組むことで今のローンを解除することができます。

「残債一括返済ローン」と言いますが、無担保ローンのためか金利がかなり高く、積極的におすすめできる方法ではありません。

また、これもおすすめではないですが、新車ディーラーや自動車ディーラーであれば新しく購入する車のローンに現在のローンを上乗せするという方法もできないわけではありません。

ただし、ローン会社によっては上乗せができなかったり、上乗せできてもその割合に制限があったりしますので、どこでもこの方法が可能だとは限りません。

どうしてもこの方法しか無い場合は、買取店などにその旨を相談してみるのがいいでしょう。

でもやはり、現金が用意できなければローンの完済まで新車乗換えを待つというのが賢いやり方のような気もします。


一括査定サービスはたくさんありますが、
「入力が簡単」「利用実績が多く安心」などでおすすめのサービスは次の3つです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


カーローン返済中に新しい車に買い替えたいということはよくあることです。

ローンが完済されていないのに新しい車をローンで買うことはできるのでしょうか。

この場合車の所有者の名義が誰になっているかがポイントになります。

銀行、信用金庫、JA、労金などのカーローンは、大抵は無担保ローンになっています。

所有者が車の購入者本人になっていますので、今乗っている車を売って新しい車に乗り換えても特に問題は起きません。

ただし、残った ローンは一括返済する必要があります。

信販会社やディーラーの提携ローンの場合は、通常車の所有者が 信販会社やディーラーの名義になっていますので、車は簡単に売ることができません。

カーローンの残金を一括返済して所有者の名義を購入者に変える 「所有権解除」の手続きをしてから車を売り、新しい車を購入することになります。

新しい車を購入するとき ディーラーのローンを利用して前の車のローン残金を上乗せしたローンを新たに組むことも できますが、返済できるかどうかをよく考えて契約した方がいいでしょう。


このページの先頭へ