" リサイクル券が見つからない

自動車はリサイクル料金込みで売買される


注目 リサイクル券とは

新車購入時には自動車リサイクル法によって「リサイクル料金」が支払われます。

新車時に支払われたリサイクル料金は、廃車時の最終所有者まで引き継がれることになっています。

このリサイクル料金は、廃車になって解体される時の

・シュレッダーダスト料金(使用済自動車の破砕くずのリサイクルに必要な料金)
・フロン類料金(カーエアコンの冷媒に含まれるフロン類の破壊に必要な料金)
・エアバッグ類料金(エアバッグ類のリサイクルに必要な料金)

などの費用に充てられます。

リサイクル料金が支払われていることを証明する書面が「リサイクル券」です。


注目 リサイクル券がないとどうなる?

リサイクル料金を支払った(預託済み)の車を売る場合は、リサイクル券を車と一緒に引渡し、立て替えの形になっていたリサイクル料金を新しいオーナーから受け取るいうのが基本的な形です。

しかし、実際に車を売り買いする場合はリサイクル料金を含めて車の引渡しの総額値段が決められますので,外見上はリサイクル券分があってもなくても違いがないようになっているというのが現実です。

自動車一式で50万円の値段を決まれば、リサイクル料金など諸々の費用を含んだ値段ということになるので、実際にリサイクル券があろうがなかろうが同じ値段になるわけです。

リサイクル券がなくなっても50万円にはリサイクル料金が含まれており、旧オーナーは車の売却代金の一部としてリサイクル料金を受け取ることになります。

リサイクル券、つまりリサイクル料金は、券の実物があろうがなかろうが、車と不可分なものとして廃車の時まで付随していくということです。

そして、最終所有者が廃車にする時、最終所有者まで車の代金の一部として受け継がれたリサイクル料金によって、解体時のリサイクルが行われます。


注目 リサイクル券代わりになる「自動車リサイクル料金の預託状況」

リサイクル券がなくてもリサイクル料金が支払われた事実があれば、最後に廃車するときまで特に売買などで問題になることはありません。

新車購入時や車検時にリサイクル料金が支払われていさえすれば、廃車の時点の解体業者等のチェックでリサイクル料金納入済みが確認できることになります。

リサイクル料金が支払われていない車の場合は廃車の段階でそれが判明し、最終所有者がリサイクル料金を改めて負担しなければなりません。

もし車の売買などでリサイクル券がどうしても必要になった場合はどうすればいいでしょうか。

再発行の取扱いはありませんが、その代わりに次のサイトから印刷した『自動車リサイクル料金の預託状況』がリサイクル券代わりになりますので、心配はありません。

『自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)』
(※リサイクル料金検索を行う場合は、車検証(車台番号、登録番号)の用意が必要です。)


一括査定サービスはたくさんありますが、
「入力が簡単」「利用実績が多く安心」などでおすすめのサービスは次の3つです。

こちら おすすめの一括査定サービスの比較

イチオシ
人気上昇中

かんたん車査定ガイド

最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちらコチラ かんたん車査定ガイド

参加業者の
多いのが魅力

ズバット車買取比較

大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちらコチラ ズバット車買取比較

メールによる
通知が選べる

カーセンサー.net
簡単ネット査定

加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
最大11社の査定が可能なのはここだけ。(他社は最大10社)
メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


自動車リサイクル券とは、正式には預託証明書という名称の書類で、自動車リサイクル法によって定められたリサイクル料が正しく納められているかどうかを確認するための証明書となっています。

自動車を売る場合も買う場合も、リサイクル料金は、車両価格込みか、諸費用のように別途の形になるか、いずれかの形で車と一体的に取引されるということになります。

リサイクル券を紛失または毀損しても車検や買い替えに影響はなく、車検時にリサイクル券を提示する必要もありません。

これは廃車処分の場合の話ですが、自動車リサイクル法の施行に伴って、自動車重量税が返還される制度が2005年からスタートしました。

車検が残っている車を廃車にし、「自動車リサイクル法」に基づいて適正に解体された場合、最終所有者が、運輸支局等に永久抹消登録申請又は一時抹消後の解体届出と同時に自動車重量税額の「還付」の申請すれば、車検残存期間に応じた自動車重量税額の還付を受けることができます。

リサイクル法に基づき適正に処分した車について還付申請を行うことにより、車検時に支払った自動車重量税が一部返ってくるということになります。


このページの先頭へ